「うちのタワマンは大丈夫だろうか」と…。

 英国ロンドンでとんでもない火災が起きた。24階建てのタワーマンション(タワマン)で、低層階から出火、あれよあれよと燃え上がり、全焼したのだ。パニック映画「タワーリング・インフェルノ」(1974年)を彷彿とさせる大惨事に世界中が衝撃を受けたが、この惨事を目にして、不安がよぎった読者も多いはずだ。

日本だから安全という油断が危険。絶対の安全て無いよね。例えばスプリンクラーが設置されてても地震の揺れで配管パイプが切断されて出火しても機能しないかもしれないし。
埼玉県某市のタワーマンションでも最近火事があった。はしご車の届かないところなので建物内の消火栓を使ったらしい。日本は防火規定が厳しいので可燃物でも使わない限り燃え広がることは無いと思うが油断はできない。日頃の心掛けが大切。
関東圏でいつだか12階で火災が起きた時も、なかなか鎮火出来なかったよね。あれ、UR物件だったけど。スプリンクラーがついていても難しいし、はしご車があっても救助は難しそう。なら、タワーマンションなんて尚更無理では?やはり、完全なものは無いでしょうね。日本の場合、火事もそうだが、地震も怖い。東日本大震災の時に散々、味わった。高層に居ると、スゲ~揺れるのよ(涙)耐震構造ってものスゴク重要。日本でも業者が手抜きしてたらわからない

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP