取得率を上げるため、有休の中に年1日の「健康休暇」を新設。

 三井住友銀行は7日、行員の年次有給休暇(有休)の取得促進に向け、2017年度から新たな取り組みを始めたことを明らかにした。年20日間割り当てている有休の取得率を、現在の約60%から70%に引き上げる目標を設定。

10割で。権利なんで。100%を目標にせんかい! ホンダを見習うべき!100%消化している上司がいますしわ寄せは勿論部下です
時間に縛られた働き方改革は共産主義的な発想 職業人(プロ)は時間に囚われずに成果で評価されるはず大企業はのどかでいい職場だね法人所得の再分配を改めないとなかなか難しいだろうな。なるほど3割は取らせない、ってことだね。
長時間労働の是正って、結局サラリーマンの愚痴なんだよね。自営業なんか時間の上限のも社会保障もなんにもないもん。「自分で選んだんでしょ」で終わっちゃう。余った分は買い取りとすれば?
有給って制度としては、当然の権利で取得することを前提としているのに、なかなか取得率上がらないよね。自分が休むことで、同僚にしわ寄せがいくことも理由の一つ。休みを増やすことを目指すなら、その人の仕事を、どうすれば消化できるのか、他に負担がかからない方策を考えてほしい。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP