川口署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路。

 23日午前0時ごろ、埼玉県川口市西青木4丁目の市道で、同市南鳩ケ谷7丁目の自動車整備士栗原龍平さん(29)の軽乗用車が、対向を走っていたタクシーと衝突、栗原さんは胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

自業自得……やはりKは死亡率高いな。居眠りなのか、スマホなのか埼玉の軽ってチャリ感覚で乗ってる気がします。スマホでも見てたんじゃ…。対向車線にはみ出したら酌量の余地はないな。
やはりKカーは危ないエアバック&シートベルトがあっても効果は薄いことですかね高速道路を80~100㌔前後での走行車を見ますが怖くてとても運転する気にはなれませんねKカーは基本近場の買い物の足替わりですねもしもスマホなら…スマホは全く前を見ていない状態になるからなぁ。
たまにフラッと対向車線にはみ出す車いますよね。『やべっ!はみ出てた!』みたいな、一瞬だけ対向車線にはみ出て慌てて元に戻すっていう動きをする車。何してんのか知らないけど、運転に集中しろって思います。多分、飲酒かスマホでしょ。事故原因は、いつもなら対向車が驚いて減速してくれていたのだが、今回はタクシー運転手が気付かなかったから。はい、おしまい。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP